迅速な水道修理には防止対策も重要

水道関連の水漏れ発覚後に修理が必要となった場合、それをできるだけ迅速に終わらせることが質の高い生活を送る上では特に重要です。
発覚した段階であまりにも水漏れ程度が激しかった場合、修理にも時間をかけるのは避けられません。しかし、漏れにくいコンデイションを事前に構築するのは可能なことです。そのため、ここでは発生防止時からの対策を見ていきます。

■台所水場の対策

一般家庭で毎日使う台所ですが、不思議なのは使用頻度が少なくとも水漏れが起こるケースは少なくないという部分です。これは常時蛇口にかかる水圧が関連していますが、たまにしか使用しないのであれば水道栓を閉めておくことで蛇口への負担を減らせます。水漏れリスクも低くなり、いざ水漏れが発覚しても大惨事になる確率も低くなるのです。

■トイレでの対策

次にトイレの水漏れに対する防止対策ですが、基本は排水管への負担軽減という観点が第一です。年間にすると膨大な量の排せつ物が流されるので、蓄積物を含めて排水管内の水圧が徐々に上がっていきます。
トイレの排水管損傷による水漏れは汚水による構造物被害へと発展することになります。また、排せつ物以外の汚物を流してしまうと排水管の劣化を早めてしまうので注意が必要です。


■まとめ
水漏れの対処時に、住んでいるエリアに優秀な水道修理業者がいるとは限りません。近くに業者がいたとしても、解決能力が不足している場合もあるので信頼できる業者であるのかを調べておく必要があります。しかし、まずはユーザー自身が十分に防止対策を取っておくことが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ